メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 悲しみや傷つきは人それぞれだ。長く精神科医をやっていて、つくづくそう思う。

 ずいぶん昔になるが、「大切にしていたお茶わんを割ってしまい、それから気持ちが落ち込んでいる」という人が診察室に来たことがあった。「高価なものだったのですか」と聞くと、「いえ、ふつうの値段です」と言う。とくに使いやすいと思っていたわけではなかったが、もう何年も使っていてなんとなく愛着を持っていた。それを洗っていてうっかり落として割ってしまったのだが、そのとき「心まで粉々になった気がするのです」と話しながら、その人の目に涙が浮かんだ。

 さらにその人が傷ついたのは、家族や友人にこの話をしても、「お茶わんぐらいまた買えばいいじゃない」と…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文984文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです