メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 悲しみや傷つきは人それぞれだ。長く精神科医をやっていて、つくづくそう思う。

 ずいぶん昔になるが、「大切にしていたお茶わんを割ってしまい、それから気持ちが落ち込んでいる」という人が診察室に来たことがあった。「高価なものだったのですか」と聞くと、「いえ、ふつうの値段です」と言う。とくに使いやすいと思っていたわけではなかったが、もう何年も使っていてなんとなく愛着を持っていた。それを洗っていてうっかり落として割ってしまったのだが、そのとき「心まで粉々になった気がするのです」と話しながら、その人の目に涙が浮かんだ。

 さらにその人が傷ついたのは、家族や友人にこの話をしても、「お茶わんぐらいまた買えばいいじゃない」と…

この記事は有料記事です。

残り678文字(全文984文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです