メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ミツバツツジ

鳴沢で見ごろ /山梨

 鳴沢村にある「道の駅なるさわ」の自然探索路で、ミツバツツジが7~8分咲きとなり、見ごろを迎えている。薄紫色のかれんな花が訪れた観光客らを楽しませている。

     村内には樹海の赤松林に約2000株、1万本のミツバツツジが自生している。暖かい気候に誘われて、今年は例年より10日ほど早く咲き始めているという。

     道の駅なるさわでは、28日~5月6日に「なるさわツツジ祭り」が開かれる。28、29日は特産品の屋台も出る。問い合わせは「道の駅なるさわ」インフォメーション(0555・85・3900)。【小田切敏雄】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
    2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
    5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]