メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

兵庫の会社

これが自慢の… フジッコ ふりふり塩こんぶ 粒状カット2ミリに成功 /兵庫

 フジッコ(本社・神戸市中央区)は、1960年、富士昆布として創業し、85年に現在の社名に変更しました。その社名の原点となる塩こんぶ「ふじっ子」は66年に発売。親しみやすく、子どものようにお客様に末永く愛してもらえるブランドになってほしいとの思いで誕生しました。

 塩こんぶは、昆布を醤油でじっくり炊いて乾燥させたものです。昆布は肉厚で上質な北海道産、醤油はうま味たっぷりの超特撰クラスを使用しています。昆布を炊くときに砂糖を使用していますが、実は砂糖を入れると昆布の仕上がりが硬くなってしまうのです。かといって、人工調味料は使いたくない。そこで真空にして調味液を釜の中で循環させて濃縮しながら、昆布の形が崩れないように炊き上げる「真空濃縮循環煮熟法」を開発しました。食べた時のうま味、塩味、甘味のバランス、柔らかさ、全てにこだわっています。

 発売以来、「ふじっ子」は“ご飯のお供”として親しまれてきましたが、近年では“万能調味料”としても使…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1066文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. 日大アメフット 解雇無効求め内田前監督が大学提訴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです