メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

古代ギリシャの伝言=玉木研二

 <ka-ron>

 <通例の言葉の意味は行為を正当化する意味にすり替えられ、暴勇は男々しい同胞愛と呼ばれ、周到な考慮は臆病者のごまかしと考えられ……>

 昨今、国内外のざらざらとした感触にも通じる。古代ギリシャの歴史学者トゥキュディデスがペロポネソス戦争について記している。その著書「歴史」(ちくま学芸文庫、小西晴雄訳)から引いた。

 紀元前431年から同404年にかけ、アテネとスパルタをそれぞれの中心にした都市国家が戦った。消耗の…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文986文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
  2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
  4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
  5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]