メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

一点張り・論説室から

大学入試改革で英語嫌い増える?=澤圭一郎

 現行の大学入試センター試験に代わり、2020年度から始まる大学入学共通テストで、英語の試験は大幅に変わる。英検、TOEFLなどの民間検定試験を合否判定に使う計画だ。

 学校で長年英語を勉強しても実践力がつかない。そんな問題意識が今回の入試改革の発端だった。そこで従来の「読む」「聞く」に加え、「話す」「書く」の能力向上を目指し、4技能を測る民間試験を導入することになった。

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文929文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘
  2. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 日朝合弁10社 不正送金か 金融庁、全銀行に報告命令

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]