メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-屋敷伸之九段 第55局の4

鮮やかな角切り

 [後]3七角成[先]同金[後]1三歩は非常手段だが、もっとも粘りがあるように見えた。

     しかし、[先]7七角がうまい切り返しである。[後]3三金右に[先]3五歩[後]同銀[先]3四歩[後]4四金と踏み込んでおいて、[先]4九玉の早逃げが実戦的な緩急のつけ方だった。

     [後]3六歩は形作りの手である。[先]同金[後]同銀[先]4四角[後]同飛[先]1一角が、強烈な決め手になった。2枚の角捨てが実に美しい。「終盤は駒の損得より速度」の見本のようである。

     屋敷は[後]2二金打に31分を投入した。意地を見せたかったが、すでに受けなしとなっていた。31分は、もしかしたら今期の自分の将棋を振り返っていたのかもしれない。

     [先]3三歩成にも、残り時間のすべてとなる9分を投入し、燃え尽きるように投了した。

     本局は佐藤の落ち着いた受けと、鋭い反撃が光っていた。屋敷にも鋭い手が出る場面があったが、佐藤がうまくしのいだ印象がある。

     勝った佐藤は6勝4敗の勝ち越しとなり、しかも上位の2人が敗れたため、6人のプレーオフになった。

     「本当ですか。信じられないですね」と佐藤は局後に声を上げた。名人戦七番勝負登場となれば、名人2期から失冠した第58期以来、実に18期ぶりのことになる。

     屋敷には復活を期待する。(加藤昌彦)

     [先]8九飛  2 [後]3七角成  4

     [先]同金     [後]1三歩

     [先]7七角  2 [後]3三金右  3

     [先]3五歩  3 [後]同銀

     [先]3四歩    [後]4四金

     [先]4九玉  8 [後]3六歩   3

     [先]同金   3 [後]同銀

    ◎[先]4四角  1 [後]同飛

     [先]1一角    [後]同玉

     [先]1三香成   [後]2二金打 31

     [先]3三歩成 2    ---   9

      まで佐藤九段の勝ち

     (◎好手 ×悪手 ?疑問 ▽作戦 !勝負手)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
    4. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと
    5. 森友学園 国有地売却問題 佐川氏「役所守るため」 文書改ざんを事前了承 検察に供述

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]