メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 佐藤康光九段-屋敷伸之九段 第55局の4

鮮やかな角切り

 [後]3七角成[先]同金[後]1三歩は非常手段だが、もっとも粘りがあるように見えた。

 しかし、[先]7七角がうまい切り返しである。[後]3三金右に[先]3五歩[後]同銀[先]3四歩[後]4四金と踏み込んでおいて、[先]4九玉の早逃げが実戦的な緩急のつけ方だった。

 [後]3六歩は形作りの手である。[先]同金[後]同銀[先]4四角[後]同飛[先]1一角が、強烈な決め手になった。2枚の角捨てが実に美しい。「終盤は駒の損得より速度」の見本のようである。

 屋敷は[後]2二金打に31分を投入した。意地を見せたかったが、すでに受けなしとなっていた。31分は…

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文798文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  2. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会
  3. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. 猛暑 教室のTVで終業式 体育館や校庭避ける 愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]