メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
論プラス

トランプ流「どう喝外交」 揺らぐ多国間ルール=論説委員・木村旬

危うい米中の力比べ

 トランプ米大統領が中国への制裁関税など強硬な保護主義政策を打ち出した。中国の報復に対して貿易戦争も辞さない構えの一方、交渉による決着も探っている。ただ、どちらになっても相手を脅して譲歩を引き出す「取引外交」に変わりはない。力ずくの手法がまかり通れば、国際社会が築いたルールに基づく秩序が揺らぐ。

この記事は有料記事です。

残り2020文字(全文2177文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]