メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災特集

広がる遺族ケア DMORT活動、全国視野に

 <いのちを守る>

 「JR脱線事故の遺族は納得しているわけではない」。心療内科医の問題提起がきっかけで2006年10月、これまで配慮されていなかった遺族ケアを目指す「日本DMORT(ディモート)研究会」が設立された。10年後の16年、初めて熊本地震の遺体安置所で活動し、昨年7月には「日本DMORT」(兵庫県西宮市)に名称変更して一般社団法人化するなど着実に歩みを進める。救急医療に長年携わる吉永和正理事長(69)は「災害直後の遺族ケアを充実させたい」と話す。【根本毅】

 DMORTは「災害死亡者家族支援チーム」の略。同法人は大規模災害や事故時、遺族支援の訓練を受けた医…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1288文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  5. 国語世論調査 「存亡の危機」83%が使用 「新語で苦労」55% 16年度

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです