メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ことば

エレクトロン焼夷弾

エレクトロン焼夷弾

 酸化鉄とアルミニウムの化学反応で起こる高熱を利用してマグネシウムを燃焼させて火災を起こす。2000度を超す高熱の火柱が噴き上がり、水をかけると燃焼が拡大した。高温を発するためコンクリートや石材の建物の爆撃に使用することが多かった。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    2. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    3. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    4. ボクシング 選手苦しむ地獄の減量「最後はレタス1枚」
    5. はしか 新たに3人の女性の感染確認 愛知で8人目

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]