メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南スーダンPKO

公開請求 布施祐仁さん 「派遣条件の破綻を恐れ」

 イラクの日報と同様に「ない」とされていた南スーダンの日報を情報公開請求し、隠蔽(いんぺい)問題が発覚するきっかけを作ったジャーナリストの布施祐仁(ゆうじん)さんは「イラクの日報には隊員が危機感を抱くような表現が出てくる。派遣の根拠となったイラク特措法では活動地域を『非戦闘地域』に限定したため、隊員が危険にさらされていることが公になれば派遣条件が崩れるので隠したかったのでは」と、みる。

     イラク派遣の日報の存在が陸自内で確認されたのは昨年3月で、この時期は南スーダンの日報の隠蔽が明らかになった時期と重なる。布施さんは「片方の日報を『ない』としながら別の日報を『ある』としてしまうと、整合性が問われるので『ない』と答えたのではないか」と指摘する。

     日報問題を巡っては、一部の国会議員から「公開すべきではない」との声が上がっていた。この点について布施さんは「条件を満たしているかは、現地の情報がなければ判断できない。隊員の命を危険にさらすような情報は公表すべきではないが、現地情報は公表されるべきだ」と訴えた。

     一方、元陸上幕僚長の火箱(ひばこ)芳文さん(66)は稲田朋美防衛相(当時)がイラク日報について「残っていないことを確認した」と国会で明言したことや、同省職員が稲田氏にそう発言させたことを問題視する。火箱さんは「部隊が『あります』と言えば、大臣発言と食い違いが生じる。シビリアンコントロール(文民統制)に反することになるので、部隊は沈黙せざるを得なかったのでは」と話した。【神保圭作、山本有紀】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
    2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
    3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
    4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
    5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]