メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日中経済対話

自由貿易体制強化が重要で一致

対話に臨む河野外相(右手前から3人目)と中国の王毅国務委員兼外相(左手前から3人目)ら=東京都港区の飯倉公館で2018年4月16日午前10時2分、代表撮影

 日中両政府は16日、閣僚級が経済協力などを協議する「日中ハイレベル経済対話」を東京・麻布台の外務省飯倉公館で開いた。2010年以来、8年ぶりの開催。今年が日中平和友好条約締結40周年に当たることも念頭に、日中間の経済協力を促進していくことを確認。米国と中国の通商摩擦の激化が懸念される中、自由貿易体制の強化が重要との認識で一致した。

 対話は河野太郎外相と中国の王毅国務委員兼外相が共同議長を務めた。中国が提唱する経済圏構想「一帯一路…

この記事は有料記事です。

残り607文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  2. 東海道新幹線 「拳銃所持」通報 一時運転見合わせ
  3. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです