メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボストン・マラソン

川内優輝が優勝 日本勢31年ぶり

川内優輝=共同

 第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子で川内優輝(埼玉県庁)が速報記録で2時間15分58秒をマークして初優勝した。日本勢で1987年大会覇者の瀬古利彦以来31年ぶりの快挙となった。

 レースは大雨と強風の悪条件の中で争われ、川内は40キロすぎでトップを走っていた昨年優勝のジョフリー・キルイ(ケニア)をかわした。

 ボストンは国際陸連が求める条件を満たしていない片道コースのため、公認記録とはならない。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  2. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  4. 東京入管 収容トルコ人腹痛、放置 虫垂炎と腹膜炎併発
  5. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]