メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自動運転

半導体競争 ゲームなど異分野参入、海外勢先行 ルネサス反攻狙う

自動運転では人のかわりに半導体が判断する

 自動運転車で、人の代わりに頭脳の役割を果たす新型半導体の開発競争が激しくなっている。国内メーカーでは元々、車向けの半導体を手がけてきたルネサスエレクトロニクスが開発に注力しているが、異分野から次々と参戦した海外勢がリード。米国で3月に起きた死亡事故を受け自動運転車の更なる安全性の向上が求められており、各社は開発にしのぎを削っている。【古屋敷尚子】

 自動運転に使われる半導体は▽人の代わりにカメラやセンサーで歩行者や交通規制の情報を集める「知覚」▽…

この記事は有料記事です。

残り1178文字(全文1403文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 解決せぬ差別に失望 性同一性障害を持つ上田さん「時代はむしろ後退」
  2. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  3. 全国から注文殺到 福島名物「ラヂウム玉子」ロゴ入りTシャツが人気
  4. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  5. スキー客2人が行方不明 新潟・湯沢町

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです