メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FRB

副議長に米大教授のクラリダ氏 金融政策理論家

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は16日、米連邦準備制度理事会(FRB)の副議長に米コロンビア大のリチャード・クラリダ教授(60)を、理事にカンザス州銀行監督官のミシェル・ボウマン氏をそれぞれ指名すると発表した。両氏ともに議会上院の承認を経て就任する。クラリダ氏は経済学や金融政策の理論家として、法律家出身のパウエル議長を支える。

 クラリダ氏は2002~03年に財務次官補(経済政策担当)を務め、ブッシュ(子)政権に仕えた。06年…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです