メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

ROE8%基準と企業統治=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 企業の多くは、3月期決算企業として先月末で事業年度を終え、財務諸表の確定作業や株主総会の準備に入った。

 株主への報告としては、前年度業績の詳細と本年度事業計画の戦略方針が中心となる。特に企業活動の中核である投資計画については、人員や資金の計画をも含めて説得力ある説明が求められる。

 最近ではコーポレートガバナンス(企業統治)向上のための取り組みにも株主の関心が高まっている。企業倫理と順法の精神に基づき、経営の透明性と競争力強化につながる向上策が打たれているか否かだ。実際、株主総会に提案される議案への賛否に関しては、財務だけでなくガバナンス改革の実態を判断材料にしてい…

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文717文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです