メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第2部 育ちの現場から/4 食生活改善 大学生協の挑戦

カフェテリア方式の食堂で昼食を食べる学生。下宿生の多くはバランスの良い食事を心掛ける=富山市の富山大五福キャンパスで

 ●下宿生、栄養偏り

 大学生の食生活は、入学後に大きく変化する。親元を離れた下宿生は、本業の勉学以外にアルバイト、サークル活動と時間に追われ、外食や欠食が続く。自宅住まいも例外ではない。経済事情から長時間かけて通学する学生も増え、生活は不規則になりがちだ。

 「朝は食べず、昼は好物のラーメン。夜は家にある残り物ですかね」。東京都内の私立大学に通う杉山裕介さん(19)は語る。飲食店のアルバイトに励むが、食に対する興味はない。必要に応じて、深夜まで営業するスーパーで値引きされた弁当を買うことにしている。都内の別の大学で文学を専攻する榎本紗世さん(21)はなるべく「自炊」するという。「冷凍野菜をレンジでチンして食べます。パスタもゆでて、レトルトのソースをかけるんです」

 日々の食事風景を撮影した写真をデータとして利用する「写真法」という調査法がある。本来は栄養評価に使…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです