メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスリート交差点2020

記憶に残るスイマーへ 亡き友の思いに奮起=競泳・渡辺一平

 世界記録をマークし日本代表に入れているのは今の恵まれた環境も大きいと思いますが、支えとなっているのは小中学生の頃の泳ぎ込みです。中学までは結果が出ずに何度もやめようと思っていました。

 水泳は、いとこのお兄ちゃんが習っていた姿に憧れて、小学1年の頃から始めました。地元の大分県には屋内長水路(50メートル)はありません。中学生までは近くの津久見高校(同県津久見市)の屋外プールで練習し、冬場は隣の佐伯市の屋内短水路(25メートル)まで出かけていました。

 平泳ぎが一番タイムが良かったので専門種目になりましたが、小学生の頃は県内でずっと2番。中学では国体…

この記事は有料記事です。

残り1000文字(全文1276文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び
  2. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  3. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  4. 静岡・沼津 「深海プリン」インスタ映えで話題
  5. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです