メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友文書改ざん

佐川氏ら告発の市民団体「適正な処分を」

森友学園が小学校用地として購入した国有地。現在は国に返還されたが建物は残ったまま=本社ヘリから貝塚太一撮影

「不起訴なら、検察審査会に申し立てる」

 学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る財務省の決裁文書改ざん問題で、佐川宣寿前国税庁長官らに対する刑事告発状を提出していた市民団体は17日、「適正な刑事処分が行われるべきだ」などとする要請書を大阪地検特捜部に送付したと明らかにした。送付は16日付。

     同団体は9日、虚偽有印公文書作成容疑などでの告発状を東京地検に提出。同地検からは14日付で告発状を大阪地検に回付したと連絡があったという。同団体は「告発内容が不起訴となった場合は、検察審査会に審査を申し立てる」としている。【金寿英】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 強制わいせつ 容疑でTOKIOの山口メンバーを書類送検
    2. 国民民主 岡田氏は不参加 衆院野党、第1党は困難
    3. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
    4. 南北首脳 朝鮮戦争「終戦」意思確認へ調整 27日会談
    5. 和歌山水難偽装 「警察に怪しまれている」容疑者、上司に

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]