メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カジノ法案

免許不正取得は最大5億円罰金 自民了承 

 自民党は17日の内閣第1部会などの合同会議で、カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案を了承した。法案にはカジノ事業免許を不正取得した事業者に最大5億円の罰金を科す規定が盛り込まれた。政府は27日にも法案を閣議決定し、国会に提出したい考え。

     法案によると、事業者は、新設される独立行政機関「カジノ管理委員会」に申請し、免許を取得する必要がある。申請内容を偽るなどして不正取得した場合、法人に5億円以下の罰金、法人役員など個人に5年以下の懲役や500万円以下の罰金が科される。

     法案には与党合意に基づき、日本人と国内居住の外国人からカジノ入場料6000円を徴収し、入場回数上限を「週3回かつ月10回」とする規定も盛り込んだ。これ以上の入場を認めた従業員は3年以下の懲役や300万円以下の罰金。

     公明党は17日の法案了承を見送った。【松倉佑輔】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 近鉄 橋脚、上流側に7.8センチ傾く 南大阪線・大和川
    2. 薬の費用対効果 1年延命、いくら支払うか 厚労省調査へ
    3. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
    4. 国民民主 「第1党」困難 希望から最大47人 衆院野党
    5. 立憲民主 枝野代表、民進議員を批判「与党みたいな質問」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]