メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマート工場

住商などが公開 日産EV電池を再利用

自社工場に導入した使用済みバッテリーを再利用したコンテナ蓄電池の前に立つ日本ベネックスの小林洋平社長=長崎県諫早市で2018年4月17日午後、高橋慶浩撮影

 住友商事などは17日、日産自動車の電気自動車(EV)「リーフ」の使用済みバッテリーを蓄電池として再利用し、工場と電気をやりとりするシステムを公開した。インターネットを通して電力の需給バランスを調整し、電気代抑制につなげる「スマート工場」となる。蓄電池システムは6月に7000万円程度で販売される。

 太陽光発電事業などを手掛ける日本ベネックス(長崎県諫早市)の工場に導入された。敷地内に設置された長さ6メートル、幅2.4メートル、高さ2.6メートルのコン…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文568文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. アクセス 復興相、軽くない? 今村氏「自主避難は自己責任」 暴言・放言・スキャンダル 「入閣調整ポスト」指摘も
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]