メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバ

ラウル議長退任へ カストロ兄弟時代に幕

キューバのラウル・カストロ国家評議会議長=メキシコ東部プラヤデルカルメンで2010年2月22日、庭田学撮影

 【サンパウロ山本太一】キューバのラウル・カストロ国家評議会議長(86)が18日にも、国家元首の議長職を退任する。人民権力全国会議(国会)が選出する新議長は、ミゲル・ディアスカネル第1副議長(57)が有力だ。1959年のキューバ革命から約60年にわたったカストロ兄弟による支配から「革命後世代」中心の新政権に移行する。ただ、ラウル氏は2021年まで共産党トップの第1書記として新議長を後見するのは確実で、政策面での大きな転換はない見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り1379文字(全文1599文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  2. 皇室 小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻
  3. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  4. 2歳児保護 見つかったのは560メートル先の山中
  5. 銭湯図解 心癒やされるとツイッターで話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです