メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピュリツァー賞

「ロヒンギャ」報道が受賞 特集写真部門

ロイター通信が撮影したロヒンギャ難民の一枚。バングラデシュに逃げる際、船が転覆して死亡した子供を抱きながら涙を流す母親を写している=ロイター

 【鈴木一生、ロサンゼルス長野宏美】米コロンビア大は16日、米報道界の最高栄誉とされる今年のピュリツァー賞を発表した。特集写真部門で、ミャンマーの少数派イスラム教徒「ロヒンギャ」難民が隣国バングラデシュに逃れる様子などを撮影したロイター通信が選ばれた。また、最も権威ある公益部門は、ハリウッドの大物プロデューサーのセクハラ疑惑を報道したニューヨーク・タイムズ紙とニューヨーカー誌が受賞した。

 ロイター通信の一連の写真は「衝撃的な写真で、ロヒンギャ難民が直面した暴力を世界に対してむき出しにし…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文661文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島
  3. イタリア 高速の高架橋崩落で35人死亡 車20台落下か
  4. 富田林署逃走 赤い自転車に容疑者と似た男 防犯カメラに
  5. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです