メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台湾

先住民の入れ墨文化「紋面」消滅へ 映像などで保存

 【苗栗(台湾北部)福岡静哉】台湾で、先住民族が成人の証しに顔に入れ墨を施す無形文化遺産「紋面」の保持者が90代の2人だけとなり、消滅の危機にひんしている。北部・苗栗県梅園村に住む紋面保持者のタイヤル族、柯菊蘭(かきくらん)さん(94)は毎日新聞の取材に「(保持者が)2人だけになり悲しいね」と話した。台湾行政院(内閣)は写真や映像の撮影など紋面文化の保存に努めている。

 行政院によると、紋面は台湾北部のタイヤル族、セデック族などが受け継いできた伝統。男性は狩猟、女性は…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文558文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. 北電 苫東1号機18日夕にも復旧 節電協力も緩和
  4. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  5. 金足農 寄付2億7000万円に 文化祭は一般公開中止に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです