メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露

アフガンでも対立 ロシア、旧敵タリバンに接近

 【ニューデリー松井聡】内戦下のアフガニスタンでロシアが、米国が掃討作戦を進める旧支配勢力タリバンとの関係を強化している。旧ソ連のアフガニスタンからの撤退が決まった和平協定から今月で30年。だが米国が2011年以降、駐留部隊を削減し存在感を低下させる中、ロシアは「かつての敵」に接近する形で再び存在感を増しつつあり、シリア同様、アフガンでも米露の対立が鮮明になりつつある。

 「アフガンは長年大国に翻弄(ほんろう)されてきた。残念ながらそれが終わる気配はない」。今月中旬、気…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1300文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです