メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米露

アフガンでも対立 ロシア、旧敵タリバンに接近

 【ニューデリー松井聡】内戦下のアフガニスタンでロシアが、米国が掃討作戦を進める旧支配勢力タリバンとの関係を強化している。旧ソ連のアフガニスタンからの撤退が決まった和平協定から今月で30年。だが米国が2011年以降、駐留部隊を削減し存在感を低下させる中、ロシアは「かつての敵」に接近する形で再び存在感を増しつつあり、シリア同様、アフガンでも米露の対立が鮮明になりつつある。

 「アフガンは長年大国に翻弄(ほんろう)されてきた。残念ながらそれが終わる気配はない」。今月中旬、気…

この記事は有料記事です。

残り1064文字(全文1300文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  4. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か
  5. みんなの広場 切り抜き読み返す「人間」=主婦・横井由美子・67

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです