メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

OPCW

シリア・東グータ入り 化学兵器使用を調査

 シリア国営テレビによると、首都ダマスカス近郊の東グータ地区ドゥーマで化学兵器が使用された疑惑を巡り、化学兵器禁止機関(OPCW)の調査団が17日、ドゥーマに入った。

 7日に住民約50人が死亡したとされる化学兵器攻撃が実際に行われたのか否かを調査する。化学物質の組成などの調査は可能だが、使用したのが政権側か反体制側かな…

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文401文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. コトバ解説 「被爆」と「被曝」の違い
  3. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  4. 大阪・寝屋川の中1殺害 「娘は優しい子」被害者母が証言 公判
  5. 万博 誘致費36億円 大阪府知事「必要経費」理解求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです