メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラク日報

欠落なぜ 宿営地攻撃、緊迫の04年分

公表された陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報のコピー=防衛省で2018年4月16日、藤井達也撮影

「非戦闘地域」 膨らむ疑念

 防衛省が16日に公開した陸上自衛隊イラク派遣時の日報は、宿営地への攻撃が相次ぐなど現地の治安情勢が悪化した2004年春~05年初めの大半が欠けていた。理由は不明だが、派遣部隊の活動地域が本当に「非戦闘地域」だったかどうかを検証するには不十分な状態だ。一方、昨年3月に発見された陸自研究本部の日報には「戦闘」などの記載がないことも判明。なぜ、日報の存在が同本部で伏せられていたかという疑問も残ったままだ。

 陸自などで発見された日報は、派遣期間(04年1月~06年9月)のうち435日分にとどまり、特に04…

この記事は有料記事です。

残り1171文字(全文1436文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 体罰 教諭2人懲戒処分 炎天下ランニングで生徒一時重体
  2. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定
  3. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  4. サタデープラス ブームは日本だけ? 「ノストラダムスの大予言」で人生が狂った男
  5. カジノ法 成立 通常国会が事実上閉会

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]