メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドローン

地域貢献を 災害時、自治体と空撮協定 茨城大「航空技術研究会」 /茨城

 ドローン(小型無人飛行機)でイベントのPR動画を空撮して地域に貢献している茨城大のサークルがある。「航空技術研究会」(部員約20人)だ。会長を務める人文社会科学部4年の正田真悟さん(21)=土浦市=はパイロット免許を持つ異色の大学生。台風や地震などの災害時に被災状況を確認するため出動する協定を自治体と結ぶなど、さらに活動の「翼」を広げている。【吉田卓矢】

 正田さんは幼い頃から空に憧れ続けた。小学4年で始めたスポーツも高く跳べるトランポリンだった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです