メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本遺産

カツオ文化、来春認定へ情報発信を 県民会議 /高知

記者会見で日本遺産の認定に向けた意気込みを語る高知カツオ県民会議のの受田浩之・会長代理(右から2人目)ら=高知市で、郡悠介撮影

 カツオ資源の保全を求める官民組織「高知カツオ県民会議」は17日、高知のカツオ文化の「日本遺産」認定に向け、文化庁に申請する方針を示した。土佐料理司高知本店(高知市はりまや町)で記者会見した高知大副学長の受田浩之・会長代理は「活動を通じ、カツオを守るための情報発信、県民意識の向上を強化していきたい」と話した。【郡悠介】

 県民会議は昨年2月から活動を始め、シンポジウムの開催や国際会議の参加を通じて国内外にカツオ資源保護…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文630文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  2. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
  3. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
  4. アメフット 井上コーチ「QBつぶせ、けがが目的でない」
  5. アメフット 内田前監督、常務理事の職務一時停止し謹慎に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]