メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバ

新元首にディアスカネル氏有力 ラウル氏後継

 【サンパウロ山本太一】キューバの人民権力全国会議(国会)が18日開会し、元首である国家評議会議長を選出する。引退表明しているラウル・カストロ議長(86)の後継として、ミゲル・ディアスカネル第1副議長(57)の新議長への昇格が有力視されている。

 キューバ共産党機関紙グランマ(電子版)によると、18日は国会議員605人の中から議長や第1副議長らの候補者が提示され、投票が実施される。結果は最終日の19日に発表されるという。

 大学で電子工学を学んだディアスカネル氏は、キューバ共産党の地方組織幹部から2003年に党政治局員に…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文785文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです