メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犀川のほとりで

杏から桜へ=室生洲々子 /石川

桜や陽気に誘われ、犀川河川敷に集う市民ら=金沢市で、横田美晴撮影

 今年の冬の大雪は、私の周りにも二つの被害をもたらした。

 雨のあがったある日の午後、積雪はもう消えたと聞いて墓参した。我が家のお墓には、祖父が好きだった椿が植えてある。その椿の、大きめの枝が折れて、さみしい姿になっていた。枝にはたくさんの蕾(つぼみ)がついていた。せめて咲かせたいと切って持ち帰り、お仏壇に供えたが花は咲かなかった。

 もう一つのそれは、祖父が育った雨宝院の杏(あんず)。やはり雪の重さに絶えられず、大きな枝が折れてし…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1347文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです