メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犀川のほとりで

杏から桜へ=室生洲々子 /石川

桜や陽気に誘われ、犀川河川敷に集う市民ら=金沢市で、横田美晴撮影

 今年の冬の大雪は、私の周りにも二つの被害をもたらした。

 雨のあがったある日の午後、積雪はもう消えたと聞いて墓参した。我が家のお墓には、祖父が好きだった椿が植えてある。その椿の、大きめの枝が折れて、さみしい姿になっていた。枝にはたくさんの蕾(つぼみ)がついていた。せめて咲かせたいと切って持ち帰り、お仏壇に供えたが花は咲かなかった。

 もう一つのそれは、祖父が育った雨宝院の杏(あんず)。やはり雪の重さに絶えられず、大きな枝が折れてし…

この記事は有料記事です。

残り1131文字(全文1347文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都大の吉田寮自治会が条件付き退寮表明
  2. 囲碁 小4仲邑菫さん、世界的強豪の壁高く
  3. はやぶさ2 あすリュウグウに着陸
  4. 空自戦闘機墜落 突発的トラブルか 異常、交信なく
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです