メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「火に油を注ぐ」という言い回しが便利なのは…

 「火に油を注ぐ」という言い回しが便利なのは、非常事態に水と油を間違える人が多いからである。混乱を収めようと打った手がさらにひどい混乱をもたらす。根本的な勘違いが背後にあると思った方がいい▲危機管理の要諦(ようてい)は「失敗はしても、失敗の収拾には失敗せぬように」である。火は出さない方がよいが、出た時にはちゃんと水をかけるようしておくことだ。そんな時に水も油も見分けのつかない人たちが場を仕切ったらどうなるか▲今なら「財務省のようになる」というのが一番分かりやすい。森友問題の決裁文書改ざんや口裏あわせで炎上中の財務省で、今度は女性記者へのセクハラ疑惑で事務次官が辞任する。財務相や政権の命脈も焼きかねない猛火となった▲週刊新潮の報じたセクハラ発言の下品さにも驚いたが、それよりびっくりしたのは財務省の対応である。疑惑を否定する次官の反論を公表し、女性記者に名乗り出るよう求めたのだ。水をかけるかと思ったら油をまきだしたのである▲むろん世論の反発の炎は激しく燃え上がり、ほどなく一転、当人の辞任表明となったのも成り行きだろう。セクハラ、パワハラへの女性の抗議の声が世界をおおう時代に、なんとも浮世離れした組織風土をさらけ出した財務省だった▲セクハラを受けた女性記者の訴えに応じなかったテレビ朝日を含め、火だねは今日のどんな組織にもひそんでいる。あらゆるハラスメントへの公正な処断なしに、炎上は免れない今日の官庁と企業である。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
    2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
    3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
    4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
    5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです