メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セクハラ疑惑

財務省、認識甘さ露呈 すべての対応裏目

 セクハラ発言疑惑で、事務方トップの福田淳一事務次官が辞任に追い込まれた財務省。世の中のセクハラに対する見方が厳しさを増すなか、世間とずれた甘い認識が発端となり不手際を重ねた結果、すべての対応が裏目に出た形となった。

 週刊新潮が疑惑を報じた12日、麻生太郎財務相は参院財政金融委員会で、福田氏から「誤解を受けぬよう気をつけたい」と申し出があったとして、「反省もあったので、これ以上聞くつもりはない」と答弁した。口頭で注意しただけで、それ以上の調査は必要ないとの認識を示したが、その後、この見通しが甘かったことが明らかになる。

 翌13日、週刊新潮はインターネット上で「胸触っていい?」などと発言する福田氏の声とみられる音声デー…

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1116文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです