メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

正恩氏の資質判断=西川恵

 <kin-gon>

 南北朝鮮、米朝の首脳会談に向けて情勢が動き出し、朝鮮労働党の金正恩(キムジョンウン)委員長の人物像が各国メディアをにぎわしている。「横暴な独裁者」から「冷徹な戦略家」まで幅広いが、「狂人」「悪魔」といった極端な色眼鏡で見ることは禁物だ。

 なぜか。それは見る者自身の視野を狭め、冷静な分析を妨げるからだ。それはまた過度の陰謀史観や権力闘争史観に寄り掛かった画一的な見方に流れ、実態を見失うからだ。さらにこうした見方が世論レベルで広く共有されると、問題を解決しようにも政治家は身動きできなくなる。

 その例がいまのシリアである。なぜシリア内戦は解決できないのか。それはカギを握る欧米が内戦を悪(シリ…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1021文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 卓球 福原愛さん引退 中国、台湾でも高い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです