メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

滋賀・彦根の警官銃撃

19歳巡査の実名 対応割れた報道

事件のあった彦根署河瀬駅前交番周辺を調べる捜査員=滋賀県彦根市で12日午前0時11分、久保玲撮影

 滋賀県彦根市の交番に勤務する巡査部長が拳銃で撃たれて死亡した事件で、県警は今月11日夜、現場を立ち去った巡査(19)の氏名を報道機関に公表。その後、顔写真も提供した。犯行に使われた拳銃を持ったまま逃走したことを踏まえた措置だと県警は説明した。12日未明に巡査の身柄が確保された段階で匿名に切り替えたが、報道機関はその間、巡査の氏名や顔写真を報道した社と匿名で報じた社に対応が分かれた。

この記事は有料記事です。

残り2080文字(全文2273文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三越伊勢丹 再編を加速 札幌の1館閉鎖検討
  2. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです