メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成ネット政治史

プロローグ 開かれた情報で次の社会を 村井純・慶応大教授インタビュー=逢坂巌

=東京都港区で、太田康男撮影

 平成と共に発達したインターネットという技術が暮らしや社会を大きく変えたのは、誰もが認めるところだろう。ネットの登場と浸透によって、平成の「政治」がいかに変化したのかを月1回の連載で描く。5月からの本編開始に先立って、ネットにゆかりの深い2人にインタビューした。最初に「日本のインターネットの父」と呼ばれる慶応大教授の村井純さん(63)を訪ねた。

 --慶応の大学院生だった村井さんが1980年にマンホールの下に潜って研究室同士のコンピューターをケ…

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1691文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  3. 自民総裁選 「ポスト安倍」、会期延長で身動き取れず
  4. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  5. 受動喫煙対策 それでも先生か がん患者に「いいかげんにしろ」 自民議員、規制巡り 衆院厚労委、参考人陳述

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]