メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成ネット政治史

プロローグ 開かれた情報で次の社会を 村井純・慶応大教授インタビュー=逢坂巌

=東京都港区で、太田康男撮影

 平成と共に発達したインターネットという技術が暮らしや社会を大きく変えたのは、誰もが認めるところだろう。ネットの登場と浸透によって、平成の「政治」がいかに変化したのかを月1回の連載で描く。5月からの本編開始に先立って、ネットにゆかりの深い2人にインタビューした。最初に「日本のインターネットの父」と呼ばれる慶応大教授の村井純さん(63)を訪ねた。

 --慶応の大学院生だった村井さんが1980年にマンホールの下に潜って研究室同士のコンピューターをケ…

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1691文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 金正恩時代の北朝鮮 中/正男氏動向、監視強める
  3. 先端に16mの「鼻」 次世代新幹線「ALFA-X」の試験車公開 JR東
  4. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  5. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです