メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「軍事力は力強いハンマーだが、直面する問題が常にクギだとは限らない」

 味わうべき言葉である。米軍の元制服組トップ(統合参謀本部議長)とのインタビューで教わったが、「ハンマーを持つ者はそれを振り回したがる」という言葉と表裏をなすらしい。

 では米英仏軍のシリア攻撃はどうか。打ち込むべき「クギ」を正しくたたいたか。誤って時限爆弾のスイッチなどをたたかなかったか。

 最も懸念されたのは米露の交戦である。シリアにはアサド政権を支えるロシア軍が駐留している。万一、露軍…

この記事は有料記事です。

残り728文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  4. 下村脩さん死去 核廃絶、平和訴え 長崎で原爆体験
  5. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです