メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大岡山天文台

陰陽師に由来 望遠鏡「せいめい」と命名

 京都大などが民間の支援を受けて岡山県浅口市の京大岡山天文台に建設し、東アジアでは最大となる口径3.8メートルの望遠鏡の愛称が「せいめい(SEIMEI)」に決まった。京大付属天文台などが18日発表した。

 平安時代の陰陽師(おんみょうじ)で日本初の天文博士とされる安倍(あべの)晴明(せいめい)にちなんだ。望遠鏡で太陽系外惑星の探査もすることから…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  2. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  3. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
  4. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
  5. 東広島2男児殺害 刺し傷10カ所 母「交互に刺した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです