メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京大岡山天文台

陰陽師に由来 望遠鏡「せいめい」と命名

 京都大などが民間の支援を受けて岡山県浅口市の京大岡山天文台に建設し、東アジアでは最大となる口径3.8メートルの望遠鏡の愛称が「せいめい(SEIMEI)」に決まった。京大付属天文台などが18日発表した。

 平安時代の陰陽師(おんみょうじ)で日本初の天文博士とされる安倍(あべの)晴明(せいめい)にちなんだ。望遠鏡で太陽系外惑星の探査もすることから…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  2. 夜光雲 ロケットのガスで発生か 白や赤に輝く羽衣のよう
  3. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  4. 滋賀 イナズマロックフェス開幕 西川貴教さん熱唱
  5. 外来テントウムシ 天敵に天敵、クズ栄える? 関西都市部などで拡大、カメムシ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです