メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

徳島

「阿波とん豚」体外受精で繁殖成功 安定供給に期待

体外受精で生まれた阿波とん豚の子豚=県提供

 徳島県立農林水産総合技術支援センターは、県産ブランド豚「阿波とん豚」の体外受精卵を別の食用豚へ移植し、繁殖することに成功した。阿波とん豚の需要は年々高まっているが、一般の食用豚に比べて出産頭数が少ないことが課題だった。今後、体外受精の成功確率をさらに高め、安定した供給を目指す。

 研究では、阿波とん豚の体外受精卵を西洋系品種に移植。昨年7月の1回目の移植では成功しなかっ…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです