メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏独首脳会談

EU改革案で共同歩調 支出増では温度差

 【ベルリン中西啓介】マクロン仏大統領が19日、ベルリンを訪問しメルケル独首相と会談した。両首脳としては6月までに欧州連合(EU)改革案を取りまとめ、EU首脳会議で提案したい考えだ。「目に見える成果」を実現するため支出増を求めるマクロン氏と慎重な姿勢のメルケル氏の間には温度差もあるが、両首脳は独仏が共同歩調を取り、国際課題に取り組む姿勢をアピールした。

 独仏両政府は統一通貨・ユーロ圏の財政基盤強化や防衛協力、難民問題などを網羅する改革案について議論し…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 障害者雇用水増し 「名前貸して」元横浜家裁職員が証言
  3. 女子テニス 大坂ウイルス性の病気のため武漢オープン欠場
  4. 海賊 ソマリア沖で商船襲撃相次ぐ 干ばつや飢饉が影響か
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです