メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏独首脳会談

EU改革案で共同歩調 支出増では温度差

 【ベルリン中西啓介】マクロン仏大統領が19日、ベルリンを訪問しメルケル独首相と会談した。両首脳としては6月までに欧州連合(EU)改革案を取りまとめ、EU首脳会議で提案したい考えだ。「目に見える成果」を実現するため支出増を求めるマクロン氏と慎重な姿勢のメルケル氏の間には温度差もあるが、両首脳は独仏が共同歩調を取り、国際課題に取り組む姿勢をアピールした。

 独仏両政府は統一通貨・ユーロ圏の財政基盤強化や防衛協力、難民問題などを網羅する改革案について議論し…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文541文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです