メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キューバ新議長

パソコン愛用「庶民派」ディアスカネル氏

カストロ氏(左)とともに国会の議場に入るディアスカネル氏=キューバ・ハバナで2018年4月18日、AP

キューバの国家評議会議長に就任するミゲル・ディアスカネル氏(57)

 19日の約30分間の就任演説は緊張した表情だった。「国家か死か! 社会主義か死か! われわれは勝利する!」。定番のフレーズで締めくくり、キューバ革命(1959年)の英雄カストロ兄弟の正統な後継者であることを印象づけた。

 革命の翌年に中部サンタクララで生まれた。20日で58歳になる。父は機械工。地元の大学で電子工学を修め、教授として教壇に立った。87年、共産主義青年同盟に入り、共産党の活動を本格的に始めた。AP通信によると、中米ニカラグアの左派革命政権の支援団に参加…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文672文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず
  5. 熱血!与良政談 改革後19年の惨状=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです