メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忍野八海・山中湖

6キロの距離つながっていた? 水質データ類似 山梨大助教調査

水深約50センチの菖蒲池。ショウブが咲く=山梨県忍野村で(忍野村役場提供)

 世界文化遺産・富士山の構成資産に指定されている山梨県忍野(おしの)村の湧水(ゆうすい)池「忍野八海」に、約6キロ離れた富士五湖の一つ山中湖(同県山中湖村)の水が流入している可能性があることを山梨大国際流域環境センターの中村高志助教(37)=水文学=が突き止めた。忍野八海は富士山の伏流水が湧き出た池とされてきたが、今回の研究は世界遺産の保全管理のあり方に影響を与えそうだ。

 忍野八海は、半径300メートルほどの中に点在する、お釜池▽底抜(そこなし)池▽銚子池▽湧(わく)池…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです