メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

忍野八海・山中湖

6キロの距離つながっていた? 水質データ類似 山梨大助教調査

水深約50センチの菖蒲池。ショウブが咲く=山梨県忍野村で(忍野村役場提供)

 世界文化遺産・富士山の構成資産に指定されている山梨県忍野(おしの)村の湧水(ゆうすい)池「忍野八海」に、約6キロ離れた富士五湖の一つ山中湖(同県山中湖村)の水が流入している可能性があることを山梨大国際流域環境センターの中村高志助教(37)=水文学=が突き止めた。忍野八海は富士山の伏流水が湧き出た池とされてきたが、今回の研究は世界遺産の保全管理のあり方に影響を与えそうだ。

 忍野八海は、半径300メートルほどの中に点在する、お釜池▽底抜(そこなし)池▽銚子池▽湧(わく)池…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文694文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  3. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か
  4. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  5. ORICON NEWS 『銀魂』また完結できず…担当編集が謝罪「どうあがいても絶望」 続きはアプリで配信

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです