メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 大津、公認キャンプ地に決定 ウェールズとフィジー滞在 /滋賀

 ラグビーの国際統括団体、ワールドラグビーが20日発表した2019年ワールドカップ(W杯)日本大会の公認キャンプ地に、大津市が選ばれた。強豪国のウェールズとフィジーの代表チームが大会期間中に滞在する予定で、市内のラグビー関係者は喜びに沸いた。

 開催地決定を受け、越直美市長は市役所で記者団に「市民が世界のラグビーを身近に見られる機会となり、大変うれしい。大津を世界にPRする機会となるよう取り組みたい」と歓迎した。選ばれた理…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘
  3. 社会人野球 北海道、24日に代表決定戦
  4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  5. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです