メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 神戸・淡路、喜びに沸く キャンプ地誘致活動実る /兵庫

公認キャンプ地に内定して喜ぶ兵庫県淡路市の門康彦市長(前列中央)ら関係者=同市塩尾で、登口修撮影

 おもてなしに心を込めて--。2019年ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の公認キャンプ地が20日発表され、県内では神戸市と淡路市の2カ所が内定。誘致に奔走してきた県や地元自治体は喜びに沸いた。大会は19年9月20日に開幕し、10月13日までの1次トーナメント期間中、神戸市にはイングランドや南アフリカなど5チーム、淡路市にはルーマニアなど2チームが滞在する。【目野創、登口修】

 公認キャンプ地には全国90自治体が応募し、52カ所が選ばれた。大会の経済効果は大きいと見込まれるだ…

この記事は有料記事です。

残り1022文字(全文1264文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  3. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」
  4. 衆院議運委 麻生氏の発言を問題視 G20出張了承せず
  5. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです