メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 キャンプ地内定 春日市にアイルランド 敗者復活予選優勝チームも /福岡

市長「国際理解深めたい」

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の組織委員会は20日、出場チームが1次リーグで使用する公認キャンプ地を内定し、福岡から県・福岡市、北九州市、春日市の4自治体が選ばれた。ウェールズやアイルランドなどの代表6チームが訪れる。県内からは宗像、久留米両市も立候補していたが、落選した。【宗岡敬介】

 キャンプ地が内定した春日市の井上澄和市長は記者会見し「大変うれしく思う。W杯は世界屈指のスポーツイ…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文756文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです