メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 世界の強豪、県内キャンプ 大分・別府市、高まる期待 /大分

NZ、豪、ウェールズ、フィジー、ウルグアイ

 来年秋に大分市の大分銀行ドームなどで開かれるラグビーワールドカップ(W杯)で、出場チームが試合直前に調整する公認キャンプ地に大分市と別府市が選ばれた。大会組織委員会が20日、発表した。広瀬勝貞知事は「老若男女がラグビーに愛着を持ってもらう機会。(各国の)ファンも来て経済効果もある」と大きな期待を示した。【池内敬芳、大島透】

 大分市内でキャンプするのは▽フィジー▽ウルグアイ--の2チーム。別府市内では▽オーストラリア▽ニュ…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1205文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 米子東の選手がベンチ入りせず
  3. D&G、プラダ、グッチ…高級ブランドの先鋭デザインは「差別的」か ネットで批判、謝罪相次ぐ
  4. 「若い人たちはすごいな」高校eスポーツ大会、レボルさんが総括
  5. 豚コレラ 愛知県、ワクチン散布 野生イノシシに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです