メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 世界の強豪、県内キャンプ 大分・別府市、高まる期待 /大分

NZ、豪、ウェールズ、フィジー、ウルグアイ

 来年秋に大分市の大分銀行ドームなどで開かれるラグビーワールドカップ(W杯)で、出場チームが試合直前に調整する公認キャンプ地に大分市と別府市が選ばれた。大会組織委員会が20日、発表した。広瀬勝貞知事は「老若男女がラグビーに愛着を持ってもらう機会。(各国の)ファンも来て経済効果もある」と大きな期待を示した。【池内敬芳、大島透】

 大分市内でキャンプするのは▽フィジー▽ウルグアイ--の2チーム。別府市内では▽オーストラリア▽ニュ…

この記事は有料記事です。

残り971文字(全文1205文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  3. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  4. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道
  5. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです