メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

部活練習時間減るの? 教員の残業対策で指針 生徒のけが予防も=回答・鈴木敦子

昨年11月、教職員らが記者会見し「ブラック部活NO」などと訴えた=小国綾子撮影

 なるほドリ 中学や高校の部活動(ぶかつどう)の練習時間が減って、休みの日が増えると聞いたよ。どうして?

 記者 スポーツ庁(ちょう)が3月、運動部活動に関するガイドライン(指針(ししん))を作って全国の自治体や学校などに通知したからです。指針は、平日の練習時間を約2時間まで、休日でも約3時間までとし、休養日(きゅうようび)を週2日以上(土日の1日を含む)設定するよう求めました。公立校は、設置者(せっちしゃ)の都道府県や市町村がこの指針に沿った方針を作成し、各校が従うことになります。群馬(ぐんま)や滋賀(しが)などはさらに踏み込んで朝練(あされん)を「原則禁止(げんそくきんし)」としました。

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文869文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  4. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回
  5. 大相撲 終始無言の稀勢の里、歴史的な3連敗で大きな窮地

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです