メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

この50年の世界

1968~2018 第3部・核兵器禁止への道/上 中南米、メキシコ主導 「危機」が生んだ非核化

トラテロルコ条約の交渉経緯を語るセルヒオ・ゴンサレス・ガルベス氏=メキシコ市で

トラテロルコ条約、後続モデルに

 日本に甚大な被害をもたらした核兵器を法的に禁止する取り組みは50年前の4月22日、中南米で第一歩をしるした。世界で初めて特定地域の非核化を定めたトラテロルコ条約。その成立に奔走したメキシコの元外交官が前例のない交渉の経緯を明かした。

 「きっかけはキューバ危機だった」。セルヒオ・ゴンサレス・ガルベス氏(83)はメキシコ市内の自宅で「核戦争」間際と言われた当時を振り返った。

 冷戦さなかの1962年。米国の「裏庭」であるカリブ海の島国キューバにソ連が核ミサイル基地を建設し、…

この記事は有料記事です。

残り1697文字(全文1949文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです