メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生育途中のブルーベリーの木を見つめる郁美さん(右)と慧さん

 2018年(第46回)毎日農業記録賞の作品募集が始まった。生産者にとって、そして消費者にとっても、魅力あふれる農業とは何か--。深刻な後継者不足が叫ばれて久しいが、仕事と人生の充実を重ね、将来をまっすぐ見据える若い人たちがいる。【三枝泰一】

「おしゃれな農業」を模索 果樹園が交流の場に 09年優秀賞・山口郁美さん=宇都宮市

 関東平野の真ん中、宇都宮市上籠谷町にのどかな田園が広がる。山口郁美さん(26)が夫慧(さとし)さん(33)と果樹園「Megurune(めぐるね)」を開業して3年がたつ。64アールの園で栽培しているのはブルーベリーとキウイだ。結婚した15年春、最初のくわ入れをした。「地域に根を張り、そこからめぐっていくように人の輪も広がるように」。園名には、そんな思いを込めた。昨年、わずかだが初めて収穫をした。

 郁美さんは曽祖父の代から続くナシの専業農家に生まれ、3人姉妹の真ん中だ。父母、祖父母が営むナシ園は…

この記事は有料記事です。

残り3066文字(全文3477文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長逮捕 詐欺容疑で
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. サッカーキング 白星発進の日本、試合後はサポーターがゴミ拾い…コロンビア紙が賛辞

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]