メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子育て親子

小1の不安に耳傾けて

スーツを着て、新しいランドセルを背負い入学式に向かう男児=東京都内で

 大きなランドセルを背負い、一人で歩いて学校に向かう。そんな新1年生の姿に目を細めながらも、どこか心配になってしまうのが親心というもの。初めての学校生活に臨む子どもに、どう接したらいいのか。

 ●友人がいない環境

 「お子さんたちがたくさん入っているサッカーのチーム、この辺で知りませんか」。東京都練馬区の会社員、佐藤和美さん(37)は3月上旬、近所にある小学校に電話した。そのまま少し調べてもらうと、副校長が「うーん、お母さん」と申し訳なさそうに切り出した。「野球をやっている子どもはかなりいるみたいなんですけど……」

 次男が入学を翌月に控えていたが、同級生に友人どころか顔見知りもいない。小学校は近くの認可保育所から…

この記事は有料記事です。

残り1776文字(全文2084文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見
  2. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  3. ORICON NEWS 登山家・栗城史多さん死去 エベレスト下山途中、遺体で発見
  4. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  5. 世界の雑記帳 死亡した英男児の棺が空と判明、遺体の扱いに疑念の母親が真実追及

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]