メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

縮む日本の先に

地方はいま/7 秋田県藤里町 ひきこもり、働く力

エプロン姿の小玉栄さんとキッシュ作りの打ち合わせをする菊池まゆみさん(右)=秋田県藤里町で

 10年近く前、秋田県藤里町の社会福祉協議会に勤め、高齢者宅を戸別訪問していた菊池まゆみさん(62)は、仕事をせず、昼から家で過ごす人々に気付いた。多くは男性。昨年度まで国が調査してきた「ひきこもり」は15~39歳だが、状態が長期化したのか、中年世代も目立つ。

 国内最速で人口減と高齢化が進む秋田県。白神山地を抱える藤里町はその中でも減少率は全県トップ、高齢化率は2位で、現役世代は貴重な存在だ。長く働いていない人も含めて調べたところ、18~55歳のうち113人、約8・7%を占め、現役世代の23人に2人が孤立がちな生活を送っていた。

 「外に出ませんか」。ショックを受けた菊池さんらはレクリエーションなどを企画したがうまくいかない。困…

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1814文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]